単身赴任で行こう!

単身赴任、一人暮らしのライフスタイルに自らの単身赴任経験から少しでも参考になればと単身赴任、一人暮らしに役立つかも知れない単身赴任情報を掲載しています。

単身赴任で行こう!友墨一朗
E-mail
スマホページへ

単身赴任、会社での確認

単身赴任が始まる前に、知っていたい事に、単身赴任に伴う給与への会社側補填金額、各種手続きなどがあります。

また、会社側から見た単身赴任の持つ意味なども良く理解し、どうせ単身赴任するなら意義あるものとしたい・・・。(自分自身に納得させたいものです。)

単身赴任に伴う会社の補てん

裕福な方、共働きの方は、関係ないかも知れませんが、普通は、二重生活になるのですから安定した生活を送るためにも、しっかりと金銭管理をする必要があります。単身赴任で、毎月使える金額を知る上でも、事前にしっかり確認する必要があります。

<引越手当>

赴任手当と言う会社もあるようです。

転勤先に異動するための手当てです。(我が社の手当てでは・・・赤字です!)

<単身赴任手当>

帰宅手当と言う会社もあるようです。

月額2〜3万円程度が多いようです。

<住宅手当>

社宅がある場合は、0円が殆どです。(私の会社は、0円です。)

借家の場合は、家賃の半額程度で3万円以内が多いようです。

<必要書類>

手当てを支給して貰うために会社に提出する書類を確認しておきます。証明書、領収書とか・・・

 

転勤先での出社日などのイベント予定確認

○ 辞令交付の予定

○ 業務引継ぎ予定

○ 歓送迎会予定(スピーチの準備も・・・)

 

会社にある荷物

○ 名刺作成・・・直ぐに挨拶回りができるように事前に作成し手荷物で持って行きます。

○  印鑑・・・印鑑は役職に応じたサイズ物を選び持参します。

○ 荷物整理

不要な荷物は思い切って廃棄します。私の経験では、1年間使わなかった物は、赴任先でも使いませんので捨てます。

名刺、印鑑など直ぐに使う物は手荷物で持っていきます。それ以外は宅急便で送るのが便利です。

 

立つ鳥、後を濁さず

業務の整理を行い。後任者に引き継ぐ業務は書面にして、しっかりと引継ぎます。後任者が困らないよう信頼できる同僚、部下にフォローアップを依頼いします。

引継書は、後任者が当面行う事項と長期的に行う事項に分けて作成し難しい表現を用いない方が良いでしょう。業務マニュアルがあるなら「詳細はAマニュアルのAページを参照とか、詳細はAさんに説明を受けることとか・・・(本のような引継書を貰っても、何からはじめて良いのか当惑したことがあります。)

 

会社の単身赴任の考え方

転居を伴う人事異動は、転居する側も、会社側も大きな金銭負担を伴います。そこまでして何故会社は、単身赴任をさせるのでしょうか?民法上は「夫婦は、共に暮らす」義務があると記されています。民法第752条では「夫婦は同居し互いに協力し扶助しなければならない」とあります。すなわち、 正当な理由がない限り悪意の遺棄ということになり離婚の理由となり、また、損害賠償請求の理由になります。単身赴任が、正当な理由になるかは?ですが、妻側からみれば、立派な理由で、夫側、会社側には責任が有ることになるのでしょうか?

■ 会社側の言い分 ■

雇用した時から、転勤が有るのは承知のはず、家族で転居すれば問題なし。単身赴任をするなら理由書を提出 ・・・て、まるで、個人の身勝手で単身赴任をしているような・・・確かに、子供の進学問題、両親の扶養等、でも、個人の問題なのでしょうか?子供の進学、両親の扶養・・・人として誰もが負わなければならない責任と義務だと思うのですが?

■ 人事異動による活性化 ■

○ 初対面であれば緊張感が発生し、なあなあな仕事は減る。

○ 有能な方がチームに加われば新しい仕事の進め方、合理化が図られると共に、対抗心から活動が活発化される。

■ ほんとうなのか? ■

活性化が図られる事自体は否定しません。 しかしながら、負の部分をどうカバーするか?難しい問題です。

はじめての土地、習慣もわからず業務の流れ事態よくわからない赴任者が大過を起こさないよう業務を遂行するには、先任者の意見を聞く必要があり、その意見に流される傾向があります。逆に、強くリードすると、 先任者の培った力を半減させる。或いは、お任せ主義を助長させて、無気力な仕事をさせてしまう傾向があるようです。