単身赴任で行こう!

単身赴任の生活費

単身の生活費は、一体どれぐらい必要なものでしょうか?

アート引越センターさんの研究では、平均13万円だそうです・・・ビックリッ!(◎◎;)

我が家の収入では、驚愕の金額・・・とても、とても割くことはできません。

会社の補填

調べると会社の補填も、会社によって随分いろいろあるものだと感心しました。

私の会社では、帰宅手当なんか、ありませんけど・・・。2万円から3万円程度が多いようです。

○単身赴任手当・・・公務員の方

○赴任地における住宅手当

○別居手当

○一時帰宅旅費

○家族の赴任地訪問旅費

私の生活費

単身赴任家計簿から、1年間の平均値を計算したものです。

計算上は、全国平均の67%で生き延びています。私は、煙草、お酒を飲みませんので他の方よりは有利かもしれません。

費 目 年間総額(円) 平均月額(円)
食 費 210,352 17,529
住居費(共益費含む) 216,000 18,000
光熱費(電気、ガス) 57,000 4,750
通信費(電話、ネット、携帯) 115,815 9,651
衣料費 18,030 1,502
交際費(飲み会含む) 105,467 8,788
交通費(帰省費含む) 178,431 14,869
娯楽費 83,696 6,974
雑貨購入費 37,602 3,133
その他(散髪、クリーニング等) 17,280 1,440
合   計(円) 1,039,673 86,636

○食費:月平均6日ほど計上なし(帰省しています)

○住居費:会社からの補助含まず

○光熱費:水道は住居費に含む

○衣料費:殆ど妻が用意してくれるので、よくわからない

○交際費:冠婚葬祭

○交通費:殆ど帰省費用

○娯楽費:本の購入、DVDレンタル、パソコン部品等

○雑 貨:洗剤等

光熱費を分析

単身赴任光熱費を分析

○冬場は暖房のため電気代、ガス代とも上昇していることがわかります。

○夏場は冷房のため電気代が上昇しますが、シャワーの使用が増えるのでガス代は下がっています。

▲ページトップに戻る