単身赴任で行こう!

単身赴任の引っ越し

不慣れな土地での生活と仕事が、待ったなしではじまります。

スムーズに引越しが出来れば、比較的余裕のある単身赴任生活をはじめる事ができます。

○荷物の量を把握

自宅から持っていく荷物の量が分からないと運搬方法が決まりません。

新たに家電を購入する場合は、全国無料配送の店を選べば量を減らすことができます。

○引越し予定日

単身赴任先の住宅が決まれば、入居日が決まり、自宅からの搬出日が決まります。

事前の手続き

引越し先のガス、水道、電気、インターネットの手配をします。

水道、電気は、殆どが連絡すれば使えるようになっています。

ガスは、開栓と器具点検がありますので、入居日に来て貰えるよう連絡します。

<インターネット>

自分で回線を用意する必要がある場合は、契約と工事を行う必要があります。

WiMaxがお勧めですが、住宅によっては電波が入らないこともあります。

事前に使用が出来る事がわかっていない時は、入居後にTryWiMaxを利用して調査されることをお勧めします。

引っ越し手段

<自分で運ぶ(マイカー、レンタカー)>

荷物の量が少ない、引越業者がない時など

搬出は家族等の手伝いが期待できます。

搬入は、頼める方がいれば良いのですが・・・一人では大変です!(特に、階層が高く、エレベーターがない部屋)

<業者に依頼>

荷物の量で変わりますが、単身赴任パック×2程度が必要です。

<複合タイプ>

マイカー+単身パック

軽い荷物、大事な荷物はマイカーで運び、重たい荷物を単身パックで運びます。

○引越業者選定

金額も勿論ですが、引越しの行程に合わせて貰えるかが大きなポイントです。金額が安くても、入居したい日から何日も後では、別途、ホテル代等がかかり総額では高くなってしまいます。

荷物の梱包

<仕分け>

大事な物、軽い物、重い物などに分け、さらに、必要ならば自分で運ぶ物、業者に運んで貰う物に分けます。

<箱詰め>

小物は箱に詰めます。割れ物は新聞紙などの緩衝材で包みます。箱には中身が分かるよう外側上部に記載します。

<大型荷物>

梱包は、単身パックでは必要ありません。(業者でカバーしてくれます。)

自分で運ぶ場合は、車に積み込んだ後、段ボール等で保護します。

▲ページトップに戻る