単身赴任で行こう!

瀉血 肝機能治療

「レバー、しじみは肝臓に良い!」は、嘘!?で、はじまった最新の肝機能治療の実体験を掲載しました。

ここ10年ほど血液検査を受ける度、指摘される再検査。

「肝機能障害、要再検査」の文字・・・その度、叩く医院のドア、再検査の結果は、やはり悪い!でも、お医者さんの診断は「今すぐ、どうこういう値ではない。経過観察しましょう。」・・・と言われても気になる・・・ウォキング時間を増やしたり、肝臓に良いと言われるサプリを飲用したり。

それなりに値は良くなるが、レッドゾーンに止まったまま・・・。

平成19年の春に転勤で異動になり移り棲んだ社宅のポストに医院開業のチラシ・・・何気なく読むと「肝臓専門」とある。

今年の人間ドックも再検査なら門を叩くことにし大事にチラシをファイルした。

治療開始

秋に受けた人間ドックの結果は、予想とおり・・・と言うか、前より悪い(◎-◎;) ビクッ!

早速、地図で医院を探し受診し、再検査。

私のように、お酒を飲まないのに肝機能が悪い人をNASH(ナッシュ)と言うそうです。

Non Alcohol Steato Hepatitis=非アルコール性脂肪肝炎

最近、患者さんが多いそうです。NASHの50%が進行性で、10年で20%の方が肝硬変や肝癌へと進行するという報告があるそうです。/(・_;\恐い・・・

瀉血治療(しゃけつちりょう)

結果、先生がおしゃるには「肝硬変や肝癌への進行性の心配はありませんが、放置はいけません。血液中のフェリチン(鉄分)が多いのが原因です。取りあえず瀉血して押さえましょう。」

瀉血て?何ですか?(不安一杯)

「簡単に言うと血を抜くことです。献血は、抜いた血を輸血等に利用しますが、あなたの場合、値が悪いので捨てます。肝臓内の鉄分が多いため鉄が錆、肝臓を傷つけています。」要するに、・・・瀉血・・・血液再生・・・血液中の鉄分濃度下がる・・・肝臓から補填・・・瀉血・・・を繰り返し血液中の鉄分を下げ、結果肝臓内の鉄分を下げ機能回復を図るそうです。

2週間毎に120mlの瀉血を3回行い再検査をしました。

肝機能の数値が下がったので、さらに200mlの採血を2週間毎に2回続けて治療は終了しました。 

食事指導

鉄分の少ない食事にするよう栄養士さんから指導を受けました。

○鉄製の鍋、フライパンの使用禁止。(これは無理・・・)

○赤身の肉、魚は禁止。豚肉、鶏肉、白身魚、ハム、ソーセージはOK。

○野菜中心の食生活。

○タンパク質の多い食べ物は少な目・・・等々です。

運動指導

InBody検査の結果、筋力トレーニングの指導を受けました。

私は、通勤時に30分のウォーキングをしていますが、さらに階段上りを追加しました。会社の階段を10階分上ります。これを1日5回、トイレの際にしています。

腕の筋力が不足している指摘もありましたので、腕立て臥せをはじめたのですが・・・腰が痛くなり中止、リサイクルショップで鉄アレイ2kg×2個を200円で購入して筋力トレーニングをしました。

治療結果とその後

<2008/4/5>

全ての検査数値が正常値に、なりました!

医院での治療はひとまず終わりです。

瀉血は、120mlを3回、200mlを4回しました。

<2008/8/7>

7月28日400mlの献血をした検査成績が送られて来ました。肝機能に関する数値は勿論、他の数値も全て良好です!

<2008/9/16>

1年ぶりの人間ドックの結果がでました!肝機能は全て正常です!いつも「要再検査」でしたが十数年ぶりに指導なしです。

ヾ(*゜ー゜*)ノヾ(。。*)ノヾ(*゜ー゜*)ノヾ(。。*)ノ バンザーイ!!

<2009/6/14>

5月31日400mlの献血をした検査成績が送られて来ました。肝機能に関する数値は勿論、他の数値も全て良好です!

AST(GOT)
ALT(GPT)
γ-GTP(GGT)
LDH(CHO)

▲ページトップに戻る